猫まみれ

写真や絵など・・・お気に召すものがあれば光栄です。

目の前のもの、思ったこと

いつからか

気づけば抽象っぽい絵が増えました。 線を少なく少なくすると、どうしてもね・・・。

鳥獣戯画

ただそれが描きたくて。 ——父からひと言 "ピカソ?”

夜のカナブン

裏の畑からうちの網戸に贈り物。 こういうの見ると、ああ夏だな、と ワクワクするというか、 なんかうれしいですよね。

青い満月

月にもみずがあれば、もっときれいだったんだろうな と、キラキラと輝く海でできた月を描きました。

スカイツリー

かすんでますね。 写真には写さないようにしていますが、どこもかしこも、人通りが倍になったようです。だから何なのかと聞かれると、まあ、猫が出てこなくて寂しいです(白状)。

なんでしょう

この絵は何でしょう。——答えはないんですけどね。 下書きの線を二重になぞり、線と線の間を塗りました。作業は結構ハードでしたが、出来上がってみるとなんだか描きかけの絵みたい・・・。そういうものですよね。でも自分自身は満足です

びっくり!!

わーお!鏡ってすごいすね。——洗面所にて。

荷台にいました。

太い道路と細い路地があって、それに挟まれるように家があります。一階は少し地面より高くて、軽トラが太い道路を向いてとめてあります。そういうわけで、細い路地を通ったぼくは、道の片側からはみ出したトラックのお尻と遭遇したわけです。 お尻の下もくぐ…

赤いウサギ

スーパームーン 僕は確かに見ましたよ。二匹のウサギを。 まだ早い時間だったので、より赤く大きい月が撮れました。年に一度のスーパームーンです。

カワウ

もはや鳥には見えないポージング。 ——大好きな池にて。 今度のウィルス騒ぎは、室内ですらよっぽど密集しないと空気感染はしないといわれているのに、なぜ広々とした屋外に出てはいけないのでしょう。ぼくは公共交通機関などを控えさえすれば、いい散歩がで…

足つぼ

k寺にて。このシュールな感性、僕の理想に近いものがあるかもしれません。ルーシーダットンでも足の裏のなかの様々な箇所が臓器と連動しているというのは聞きましたが、この写真を見ると、臓器というより神ですね。足裏に、体に宿る神が凝縮されているよう…

ナシの花

バラ科ナシ属のナシの花です。花はソメイヨシノに似ているんですが、ぼくはサクラよりも好きです。少し赤みがかった美しい葉と一緒に咲くところ、白い花に赤いめしべやおしべがつくところ。ソメイヨシノにはないプラス要素が満載。上の写真は果実園に咲いた…

いつものスケッチ

落下する小枝 元気のなくなった老木に、ぶら下がるように生えた枝。こちらに落ちてくるように見えますね。 最近はよく木を撮ります。ちょっと暗めの雰囲気が好きですね。・・・とまあどうでもよい話をしておりますのも、これすべて新作を考えてのこと。ちょっと…

曇り空2

だいぶ離れた場所で前回の木のそっくりさん発見!! う~ん、これは曇り空をうまくいかせているのかいないのか・・・。

曇り空

こうどんよりと曇った日というのは写真を撮るにしてもあまりいい画になりませんが、まあ📷を持ってきたのだからと上のような光景をおさめました。ライティングがライティングですとやはり、構図がものを言いますよ。

⛄ 冬再来 ⛄

まだ生きていた!! 朝起きるともう降り始めて、積もるまでやみませんでした。この前断末魔の雪を降らせたかと思ったら、実はまだ冬は生きていたのでしょう。そういえば、何年か前の記録的な大雪も、3月だったような・・・特に雪の降る季節なんですね。 来年も…

雨の日には

横殴りの雨でびしょびしょです。暖かい日差しと木漏れ日を思い浮かべて、あたたかい日だなあと言いながら歩くしかありません。そういえば、照り返しの焼けつくような道では、しんしんと降り積もる雪を想像したり、現実で雪が降れば暑い暑いと嘆いていた時期…

モノクローム3

色のない世界がこんなに楽しいとは!!(なんか宣伝用の文句みたいすネ。)でもホント、こればっかりはのめり込んで抜け出せないっつーか、意識が戻らないっつーか。すべて現実そのままでないところが、絵にも共通する醍醐味ですね。色がない分、抽象的な、…

カラス

いや~、気遣いますよ、墨の塗りつぶしは。 ま、大事なんは完成品なんで、描き手の苦労なんてどうでもいいんすけどね。

重なり合う、吸い込まれるような白。見るたびに圧倒されますよ。どこにでも咲いているので、その分写真も溢れんばかりに。ここに載せておりますはほんの一部で、まあ撮りすぎるのもよくないよネ。希少価値ってもんを考えましょ。(*´з`)

卒業

マスクをしての卒業式、そういう風景が当たり前のような気がしてきましたヨ。 下書きなしの即興スケッチ、マスクまで描いてあげたほうがよかったかな… やはりこのシーン、一番楽しみにしてたのは保護者さんでしょうねえ。マスクをする、それだけで許されるな…

水面いろいろ

水💦というものは、描くのも撮るのもとにかく難しくて、いろいろ頑張ってみてるんですけどねえ、苦労してますにゃ。 晴れた日は綺麗ですね。次はもちっとシャッタースピードゆっくり目のバージョンに挑戦してみます。

春がゆっくりと。3

❁スイセン属❁ イベリア半島から、北アフリカやヨーロッパ等、地中海沿いに25を超す種類が生えています。下の写真も含め、日本のスイセンは、ギリシャ、中国系のやつじゃないですかね。 5桁にとどく品種がありますが、おおまかには十二系統に分けられ、咲…

大将について

コサギ この前ブログに乱入してきたコサギの大将です。彼について少し、——またしても僕のうろ覚え&うんちくですが、掘り下げてみましょう。 目次 どんな鳥? 生態 コサギ、ダイサギ、チュウサギの見分け方 まとめ どんな鳥? 細かいとこ言いますとコウノト…

断末魔

3月14日、冬が断末魔の力で雪を降らしました。今年最初で、おそらく最後でしょう。 時期を過ぎたツバキです。傘のビニールを通して水滴も一緒に撮りました。☂

鉛筆 面白いよ。

猫ペロペロのおまけ 地味でしょ、えへへ。 この頃ずっと、主線には8Bや10Bというとんでもなく濃い鉛筆を使ってます。面白いですよ、これは。✎

謎のマーク

京王線のホームで・・・ 最初に見たときは何だか気味の悪い感じでした。京王線の 地下駅のホームで、向かい側の壁に、このような看板があって、うーん何だろうと、うなっていました。 でもやっぱり、駅のホームにあるってことは… 案の定、家で画像検索にかけた…

魔法の色鉛筆

葉切り蟻 ハキリアリです。うろ覚えの知識ですが、こうやって運んだ葉は、コロニー内での菌類栽培の肥料に使われる、と聞いたことがあります。キノコのお世話をする蟻ってことですにゃ。——間違った情報であればご指摘いただけると幸いです。(*'ω'*) 線を引く…

悲観ちゃん

真っ青な海で・・・ 魚が一匹 ポチャン・・・とても寂しい感じがしません❓ どんな風に想像してもらってもかまいません。僕の場合は、魚を悲観ちゃんと呼んでいます。海の青さを見てると悲しくなる・・・そう言った感情を抱えた魚です。色んなことに飽きて、水の外へ顔…

ただの似顔絵

不知火型(しらぬいがた) とある力士が横砂昇進したころ。不知火型の土俵入りを練習しています。色を塗るかではずいぶん悩みましたが、やはりただの似顔絵にはしたくないので、白黒のままです。 肉の感じとか、伝わるといいにゃぁ。