猫まみれ

写真や絵など・・・お気に召すものがあれば光栄です。

羽ばたきながら

横顔

魚を見てこんな顔に。

アオサギ2

水面下で動く影をじっと見ています。

アオサギに見えないアオサギ

アオサギのつもりだったんですがね…クジャクですね。はい。

羽も~~う!

なかなか更新できずすいませんねぇ。

セミ

今回はセミさんが(ドアップで)出てくるので苦手な方は見ないでにゃ。 ↓下の「続きを読む」をクリックすれば読めます。 (スマホ版では表示されないかもしれませんがご了承ください。_(._.)_)

羽毛

筆ペンって万能!! 描くたびにそれを実感します。

夕空の孔雀

こちらに向かってくるのか、はたまた遠ざかっていくのか。

水たまりの雀

サインのスペースがなかったので裏にしました。

ハチ

下書きなしで筆早く・・・と。

コラージュ

食パンを引き裂く絵を描いたんですが、どうも余白がありすぎたので 蝶のアップを描きました。

絵の中での成長

絵を何枚も描くごとに、描かれる被写体が成長することがあります。 ハトなので、最後の絵のシッポは半分嘘ですけどね。

夜のカナブン

裏の畑からうちの網戸に贈り物。 こういうの見ると、ああ夏だな、と ワクワクするというか、 なんかうれしいですよね。

青いカラス

どこが頭で、足で、羽で、尻尾でしょう?

カッコいいのがいた2

アオサギが羽を掃除していたら、あまりのカッコよさに人だかりができていました。

ツバメ

赤い屋根の小さな時計台、その下の、駅のホームへつづく改札と、券売機、行きかう人々に囲まれ、今生まれようとする命を見守るツバメの親がいました。 でもちょっと・・・頭上が窮屈そう。天井にぶつけないようにね。

小鳥と枝

いわく、ほっぺたがかゆいんだそう。

初夏も近く

暑さのため口は閉じられない犬のようなカラス。口を開けたままでも、なんとか乗り切れるといいですね。

猫 大首絵

朝の片道6キロ散歩。 今日もいろんなことがありました。

穏やかな午後 この日は水の流れが止まったN公園。カモはどうにか水のある所へと逃げています。でも心配御無用。道一つ隔てた向こうは、多摩川ですから。 ウーム。素晴らしい羽。

カワウ

もはや鳥には見えないポージング。 ——大好きな池にて。 今度のウィルス騒ぎは、室内ですらよっぽど密集しないと空気感染はしないといわれているのに、なぜ広々とした屋外に出てはいけないのでしょう。ぼくは公共交通機関などを控えさえすれば、いい散歩がで…

日向ぼっこに最適

カメのいる(アカミミ放流ダメだヨ。)川。 その遊歩道からちょっと外れたところで、日向ぼっこ中のカモさん。 よっこいしょとこしをあげ、飛び込む直前です。羽の模様にはほれぼれしちゃいます。見た時の感じそのままを絵に。 ほんと、筆ペンはいいですね。…

カラス

いや~、気遣いますよ、墨の塗りつぶしは。 ま、大事なんは完成品なんで、描き手の苦労なんてどうでもいいんすけどね。

🐤カッコいいのがいた。🐥

アオサギ さほど綺麗な川でもありませんが、ひまなもんでハトなんかを撮っていましたら(お年寄りカヨ!( `ー´)ノ)、何か異様な気配を感じ、もしやと水面を見下ろせば、案の定でっかいアオサギのやつが・・・——恨みがあるわけではありませんが。渋さとスマ…

大将について

コサギ この前ブログに乱入してきたコサギの大将です。彼について少し、——またしても僕のうろ覚え&うんちくですが、掘り下げてみましょう。 目次 どんな鳥? 生態 コサギ、ダイサギ、チュウサギの見分け方 まとめ どんな鳥? 細かいとこ言いますとコウノト…

野鳥たち3

豊かな川 ☜左上から、セキレイ、カラス、カモ、同種、同種、ハト、同種。 ☜カモとカラス、ハトとカラス。 昨晩の雨で作られた水たまりは、真っ黒に濁っていました。なんだろうと覗いてみれば、そこには小さなオタマジャクシが。しかも一匹ではなく、星の数ほ…

コサギの大将

県立公園にて・・・。 カモ :今日も北風キツイっすね、大将。 コサギ:踏ん張るんだ。根性で❕❕ カメラのひろし:ひゅ~っ、シブイ。

ちょっと怖いカモ

黄色い目でにらんでます… リアルなカモと毛羽立ちネコちゃん。食うものと食われるもの特有の緊張感が漂っております。——こーゆーの大好き。(`艸‘*) はがきサイズの紙なので、字を書いて渡すこともできます。ちなみに、描線は丸ペンだにゃ。

野鳥たち2

コサギ 前回の続きです。同じ鳥つながりでコサギの絵なんですが、この鳥、皆さん結構な割合で「シラサギ」と認識していらっしゃいます。実は「シラサギ」という野鳥は存在していません。コサギヤダイサギといった呼び方が正式なんだにゃ。

野鳥たち

カモ (右上から)クロガモ、同種、同種、オオオカヨシガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ。 頭が黒いのがマガモで、それ以外がカルガモ。 浮いているかと思ったら、頭からもぐったり、頭だけ水面下に隠して逆立ちしたり。水底のエサを食べています。せわしな…

宝石

カワセミがいました。 都立公園にて。青とオレンジの補色が見事に配置され、まさに宝石です。 なんにでも猫をからめます。ヒッヒッヒッ・・・カワセミかわいそ・・・